色々な所を動かしていこう💪

こんにちは、このこのリーフ亀戸第2の古屋です。

筋肉はどうやってきたえるの?

人の筋肉には2種類あって、鍛えるとムキムキになれる筋肉と、

リラックスしている時でも脳の指令によって

ある程度姿勢の保持を促す筋肉があります。

リラックスしてる時の筋肉の張りを「筋緊張」といい、

これが発達障害児は弱いです。

脳からの指令による筋肉の張りが弱いと思います。

一般的に「では筋トレをすればいいのでは?」となりますが、

前述した通り筋肉の種類が違っており全てを

「鍛えられる」筋肉で補うことは難しいです。

意識しないで使える筋肉の指令を上げるには、

末端部分のボディイメージをまず上げることが必要だと思います。。

発達障害児の多くは身体の先の部分をイメージして使えない

場合もあります。改善するにはまず身体を洗う際に

「ここが足だね。足の指だね」のイメージさせて洗ったりして刺激していく。

するとイメージしやすくなります。

末端の他に芯の体幹を上げていく必要もあるから、こちらも同時に訓練です。

必要な力は身体を「ひねる」力。ほとんどの子は身体をひねることが出来ない

身体のひねりを鍛えるトレーニングは

椅子に座った状態で一列に並んで風船を座ったまま

身体をひねって後ろの人に回していく等があります。

 

本日は、

〇風船を後ろの人に渡す

〇足の指でタオルをかごに入れる

以上の2点を行いました。

<まずは、説明を聞いてやってみよう(^^)>

IMG_5676

まっすぐな姿勢を取り

腕と腰だけを回転させます。

<できたよ~💖>

IMG_5675

<いつも使わない筋肉を動かすの大変だ~(;_;)>

IMG_5674

次は足の指を使ってタオルをつかみ

段ボールに入れます

<まずは、足の指をさわってみよう👍>

IMG_5673

IMG_5670

<むずかしくてもチャレンジ😊>

IMG_5669

なかなかタオルをつかめなくても

頑張ってみんなチャレンジしました。

これからも継続していきながら、体幹や空間認知能力を

養っていきたいと思います。

本日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください